松本マリーカの麻雀 ~MMM~

秋刀魚鳳凰民だが上達を諦めている冷めた三流

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小倉孝ルポルタージュ6 

さて、今回からは小倉プロの参加した各ポーカー大会を振り返ります。

その前に、ホールデムのルールを知らない人は先に↓のページを読んでおくことをオススメします。
テキサス・ホールデムのルール
怖がらずに冷静に読めば1分で分かるルールですので、どうかお願いします。

前回の記事では小倉プロの最初の賞金獲得を2009年6月とお伝えしましたが、あのサイトに集計されていない大会がそれ以前にもありました。それが、

1.2008 APPT(Asia Pacific Poker Tour) Manila
2008/11/13にマニラで開かれた参加費$2,350・入賞ライン32位のこの大会で、小倉プロは285人中31位に入賞し$3,257獲得しました。

この大会中に撮影された小倉プロのインタビューがあります。

大会の手応えや、ポーカーと麻雀の類似性などについて語っています。


なーんか、日本人ってこういうカッコイイ映像作れないですよね。
日本麻雀界もこういう瀟洒なスタイルで、麻雀界の格を演出することも必要になってくるのではないでしょうか。


話が逸れましたが、小倉プロの今大会のハンドでいくつかポーカーニュースサイトに取り上げられたものがありましたのでご紹介します。

まず一つ目がこれの三段落目で、インタビューでも触れられてたようにA-Aが入ってダブルアップできたようです。
最近のジャンケットでもあったAA(ポケットエース)という発生確率0.5%の最強の手札で、オールイン勝負になった相手を一蹴したんですね。

そして二つ目がこれ。これは小倉プロにとってピンチでした。
KKという二番目に強い手が来たので、当然相手のオールインにコールしたら、相手は唯一の格上・AA(-_-;)
この場合の小倉プロの勝率は18.55%、引き分けの確率が0.38%です。
これにはさしもの小倉プロも肝を冷やしたでしょうが、見事ボードでKがヒットし、スリーカードでAAを打ち負かしました!!

・二日目
Ellis Picks Up Where She Left Off
オバさんのオールインに対してフォールド。
以前に小倉プロは英語は喋れないと仰ってましたが、チップをいくら持ってる?等のやり取りには問題はないようですね。
なかなか諦めきれずに時間を浪費することなく、即座にフォールドを選択できるのが小倉プロらしいです。

自分的にこの大会の一番の名勝負これですね。
小倉プロはロイヤルストレートフラッシュまであり得るプレミアムドロー、相手はAAです。
こうして見てるとAAは頻繁に入る、とお思いになるかも知れませんが、どうしてもこの手のニュースサイトは大きな勝負ばかりを取り上げますので、プレイヤーに良い手が入っているのは必然と言えます。
オールインの段階では負けていますが、この時の小倉プロの勝率は54.24%、引き分けの確率が1.82%です。
結果、ターンのKで小倉プロはストレートを完成させ、負けはなくなりました。
相手の一縷の望みは、リバーに残り三枚のJが来ることによる引き分け(6.82%)です。
ところが、その望みもハートの2で打ち砕かれ、小倉プロは更なる上位役のフラッシュでAAを叩きのめしたのです。

Ogura On Life Support
これが小倉プロの敗退を決定づけた一戦のようですね。
勝率32.29%の勝負に敗れ、ほとんどのチップを吐き出したようです。
「生命維持装置使用中」でトビ寸を表現するとかブラックユーモア利き過ぎでしょう。

そして、本当の小倉プロの最後の一戦がこれです。
プリフロップオールインで、小倉プロはA7、相手二人が10のペアとKのペア。
Aさえ来れば、チップを三倍にできるという感じですね。
そして、見事フロップにAは来たのですが、不運にも10も来てしまい、スリーカードに残り二人は負けてしまいました。
ちなみに、この時の勝者が今大会の優勝者です。

終了後のインタビューがこちら。


インマネはin the money(入賞)の略ですね。
スティールとは、誰も良い手が入ってないであろう時に軽くレイズして相手を降ろし、少額ながら早期に勝ちを確定させる戦術です。
麻雀の世界でもよく話題に上る、「ネットとリアルの違い」についても言及しています。
ポーカーだと、“Online(オンライン)”・“Live(ライブ)”と呼び分けられることが多いですね。
32位と言われてますが、同時にトンだので当事者たちもよく分かってなかったんでしょうね。25-32位まで賞金は同額ですし。
何はともあれ、おめでとうございます。

疲れたので、1戦でギブアップ。まだ12戦残ってるのに大丈夫か(・_・;)
入賞していない大会にも触れようと思ってるのに・・・

ところで、奇遇にも小倉プロは明日からまたベガスに発つそうです!
1ヶ月で戻ってくるそうなので、今月末からのWSOPには参加しないのかな(・・?
ツイッターかブログでも始めて、近況報告してくれると嬉しいんですけどね(*´ω`*)
スポンサーサイト
モグラはもう麻雀の事は忘れてしもうたん?
( '・ω・`)
[ 2011/05/05 18:32 ] [ 編集 ]
hahaha(外人っぽく)
そんな気持ちになるのも解りますが、そんなことないと思いますよ(*´ω`*)
この記事の最後の小倉プロの情報は、小倉プロの友人でもある麻雀配信者の馬車馬さんから伺ったのですが、
「麻雀配信に出てみないか?」と誘ったところ、快い返事をもらえたそうです。
自分に確率の扱い方を教えてくれた麻雀は、小倉プロにとって大切なゲームではないのでしょうか。

ただ、リーグ戦を休場されるのは、やはり悲しいですよね。
私はこれはシステム側に問題があると想うんですよね。
小倉プロは海外渡航するに当たって、東京で毎月のリーグ戦に参加することができない
ということだと思うのですが、このシステムへの参加の難易度は地方在住者にも同じく言えることだと思います。

だから、もうネットですればいいんですよね。
確かに、クリミスや回線落ちのリスクもありますが、それを補うに余りあるメリットがあります。
参加も観戦も何処からでもできますし、最高に判りやすい牌譜も残りますし、チョンボのリスクも皆無です。
これなら小倉プロも休場することなく、アメリカからも参加するでしょう。
せっかく麻雀はポーカーよりも表現力に富んだゲームなのに、何十戦も牌譜もロクに公開されない麻雀を打つのはもったいないですよ。

残るは、不正の可能性の問題です。
まぁ、こんなのはウェブカメラ1台で解決でしょう。これで代打ちや携帯でのコンビ打ちは防げますよね。
もっっっと疑えば不正の方法も0ではないでしょうが、そんなの現状のリーグ戦だってサインや通しは可能なのだから、ネットを利用しない合理的な理由にはならないでしょう。(実際に不正を行なっているプロがいる、と言ってる訳ではないですよ)
大勢に牌譜を確認されるリスクを考えれば、それに見合うリターンを生む不正はあり得ないと言っていいのではないでしょうか。

長くなりましたが、産業にすると
天才・小倉プロの
才能を活かすために
ネットを利用しろ
[ 2011/05/05 21:22 ] [ 編集 ]
ヾ(゜∀゜)ノ うひょぉぉぉぉぉぉ。
最近、もぐらのプロチャレ動画もニコニコから消えたりしてたので非常に残念だったんですが、それを聞いてとてもうれしく思います。
たろーさんはなぜ消したし……??
その動画はぜひニコニコにもupしてほしいですね。
待ち遠しいなぁ。最後に丁寧な返答ありがとうございました。(・ω・)ノシ
[ 2011/05/05 23:17 ] [ 編集 ]
なるほど、そんなことがあったんですか。
もしかしたら、出演者の誰かからクレームが付いたのかもしれないですね。
その手の問題がないのなら、僕も持ってるのでうpしてもいいんですが。

いえいえ、ほとんど書きたいことを書いただけですのでw
[ 2011/05/06 00:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
クリック募金
JWordクリック募金
プロフィール
http://www.nicovideo.jp/mylist/24679486

松本マリーカ

Author:松本マリーカ


天鳳のSNS
ニコ生コミュニティ
公開マイリスト:小倉孝

大学4年生
HNの由来は松本まりか

サブ垢は「大作ゥゥッ!!」。
こちらの由来は極秘。

三麻も四麻もサブ垢の方が良い。
これも御本尊様の(ry


ランキングクリックに
ご協力お願いしますm(_ _)m 人気ブログランキングへ
最近の記事+コメント
カレンダー(月別)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
メールフォーム
当サイトはリンクフリーですが、コメ欄なりメールなりで一報もらえると喜びます。 だって、なんか交流したいやん(*゚ー゚)

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。